【最高】「英語学習が趣味」のメリットは絶大。上達できる学習法とおすすめ教材

読書

僕の英語学習は趣味半分、実益半分という感じです。

「100%、英語学習が趣味です」という人は少ないと思いますが、割合はどうであれ、英語の勉強を趣味にするのはメリットだらけだと思います。

今回は、英語学習を趣味として楽しみつつ、しっかり上達も実感できる勉強法を紹介します。

趣味 = 楽しみながら学べる教材を選ぶ

趣味 = 楽しみながら学べる教材を選ぶ

英語学習が趣味として成立するには、学ぶ過程で「楽しい」という感情が生まれなければいけません。

楽しいという感情はどうすれば生まれるのでしょうか?結論からいうと、自分の興味や関心に合った教材を選ぶことで楽しく英語を学ぶことができます。

たとえば、多くの人にとって英単語の丸暗記というのは退屈な時間ですが「暗記が大好き」という人にとっては、英単語の丸暗記すら趣味になるわけです。

つまり、まわりの人がどうこうではなく、「自分が好きかどうか」で教材や学習を選ぶことが不可欠です。

自分の興味や関心にウソをついて教材を妥協して選ぶと、ほぼ確実に挫折しますから「どの教材で、どんな学習をするか?」という点については時間をかけてじっくり選ぶべきだと思います。

もちろん、深く考えずにいろいろやってみて自分に合う学習法を見つけるのもOKです。

ちなみに、僕は長年、英語の音読&シャドーイングを好きで続けています。しんどいと感じるときもありますが、英語を読むのが好きなのでおおむね楽しく学習できてます。

英語の音読は効果ない?4年以上も音読してるので本音を語ってみた【正しいやり方&おすすめ教材】
僕は長いこと英語の音読を続けていますが「音読には効果がある」と断言します。なぜ音読には効果があるのか?そして、英語力を伸ばすための音読方法について解説します。

目標や目的やあえて作らないほうが◎

英語のノート

英語を勉強する人のほとんどが「TOEICスコアを取りたい」とか「英会話ができるようになりたい」といった目標を持っています。

素晴らしいことですが、英語学習を趣味にするのであれば、目標や目的は持たないほうがいいかもしれません。

なぜかというと、目標や目的を持ってしまうと、そこに近づけなかったり達成できなかったりしたときに落胆するからです。

もっとわかりやすくいうと、目標があると英語が目的化してしまい、無意識のうちに「英語をやらなきゃ」という気持ちが芽生えてしまいます。

最初にも説明したとおり、趣味というのは楽しむものなので、少しでも義務感や強制力を感じるようになってしまっては、すでに趣味とはいえません。

もちろん、目標や目的を持ちながら英語学習を趣味として両立できるのがベストです。が、それは意外とハードルが高いと思います。

このあたりは難しいところですが、僕は下手に目標や目的は作らずに、まず最初は「とりあえず、英語を学ぶことを楽しむことに専念しよう」というスタンスで取り組んだほうが、結果的には長続きするのではないかと思います。

「英語学習が趣味」が最強な理由

英語の勉強

ここまでの説明を見てもらえばわかると思いますが、「英語学習が趣味」と言える人は最強です。

なぜなら、多くの人が英語学習が続かなくてツライ思いをしているのに、英語学習が趣味の人は楽しみながら継続できるからです。

つまり、英語学習が趣味の人は最初からスタートラインで良い位置を立っていることになります。

また、英語学習を続けていく中で起こりがちな「自分はなんで英語を勉強しているんだろう?」とか「これ、続けて意味あるかな?」というツライ時間も、英語が趣味の人には無関係です。

英語が趣味だと「考えるまでもなく、楽しいからやっている」という状態になるので、余計な自問自答も発生しません。

英語学習は長期間にわたって(いってみれば一生)続くものなので、楽しくラクに続けられたほうが、結果的にクオリティ・オブ・ライフも高まります。こういった理由から、僕は英語学習が趣味にできると最高だと思うわけです。

「楽しい」「好き」を中心に学習法を選ぶ

英語学習

繰り返しになりますが、英語を趣味にするには楽しくて夢中になってしまうような教材を選ぶべきです。

そのためには、「自分が楽しいと感じるもの」「好きなもの」を選ぶようにしましょう。

僕の場合、英語のニュース(政治経済やビジネス系)が好きなので、ニュースを扱った教材をメインで使っています。具体的には、CNN ENGLISH EXPRESS です。

CNN ENGLISH EXPRESS で英語学習を始めてみたら、勉強が劇的に楽しくなった【使い方&おすすめポイント】
最近は「CNN English Express」で英語を勉強してます。音読とシャドーイング中心です。CNN English Express の使い方・英語レベル・メリットを解説。さらに「English Journal」との違いも比較しながらレビューしていきます。

英語のニュースだと、仕事でも役立つ知識が身につけられますし、純粋に知識欲が満たさせるので僕は勉強してて楽しいです。

また、最近は総合格闘技(MMA)にもハマっていて、アメリカのUFCという団体のYoutubeをよく見ています。もちろんすべて英語ですが、スポーツ実況はかなりリアルな英語が使われますし、選手のインタビューなどを聞くのが楽しいので気に入っています。

こんな感じで、自分の興味があるものと英語を関連付けることで、英語学習が自然と趣味に近づいていくと思います。

「そもそも、趣味がないんだよね…」という人は、英語をハブにしていろいろと試してみるのが良いと思います。そして、すでに趣味がある人は、その趣味を英語で楽しむようにしてみましょう。

正直、どんな趣味であってもほぼ100%、英語で楽しめると思います。なぜなら、Youtube には全世界の人があらゆる趣味の動画を投稿しているからです。

もちろん、すべての動画が活用できるわけではありませんが、英語字幕が付いているものであれば趣味として大いに活用できるはずです。

そして、本屋やAmazonでは英語の教材が豊富に売られています。ぜひ一度、本屋の語学書コーナーをじっくり探索してみてください。そして、平積みや面陳の本だけでなく、1冊差しの本にも目を向けてみましょう。

本屋の棚を見てもらうとよくわかりますが、「こんなことも英語で学べるの?」という予想を超えた書籍が刊行されています。本当の楽しいので、ぜひ一度大きめの本屋に足を運んでみてください。

読書好きの人は、洋書多読もおすすめ

読書で英語学習

僕はふだんから和書をよく読んでいるのですが、「洋書も読みたい」という欲求が高まり、現在では毎日のように洋書を読んでいます。

洋書の良いところは、テーマが豊富なところです。英語を勉強するための学習教材だとどうしても扱われているテーマが限られてしまいます。

しかし、洋書なら無限ともいえるテーマがありますし、和書よりも圧倒的に刊行点数も多いです。

そのため、難易度(英語レベル)を抜きにして考えれば、洋書ほど趣味にハマるものは他にありません。

とはいえ、最初からいきなり洋書のペーパーバックを読むのはハードルが高いと思いますし、英語上級者でないと挫折するリスクが高いです。

「これから洋書を趣味として読んでみたい」という人は、語彙が制限されたレベル別の洋書【GR(Graded Readers)】をおすすめします。

GRは初心者向けに書かれた洋書で、小説からビジネス系までテーマも豊富なのでお気に入りの1冊がきっと見つかると思います。

実際、僕もかなりの冊数を読んできました。GRをコツコツ読み続けたおかげで、現在は洋書のペーパーバックも(スローペースですが)読めるようになりました。

【洋書初心者におすすめ】GR (Graded Readers)で英語多読をする4つのメリット
英単語の数が制限されているGR(Graded Readers)の読み方と活用方法、さらにはおすすめの洋書をご紹介します。かれこれ20冊以上読んできましたが、辞書なしで英語が読める喜びは最高です。

英語を趣味にするまでの具体的なステップ

  • ① 自分が好きなもの、楽しいと思うものをリストアップ
  • ② ①の中から、英語で堪能できそうなものを絞り込む
  • ③ 本屋やAmazonで教材を探す or Youtube で動画チェック
  • ④ 楽しいと感じたものだけを続ける。ツライものは除外
  • ⑤ 教材に飽きたら、すぐに変えてもOK。「楽しい」を最優先で

まずは、自分の興味があることを考えてみましょう。日常的に趣味として楽しんでいるものがあれば、それを英語で楽しめないか考えてみます。

そして、次は教材選びです。ここでは本屋やAmazonで本を探すこと、Youtubeで動画を探すことを挙げましたが、スマホの英語アプリを使うのもおすすめです。

趣味感は薄くなりますが、スタディサプリENGLISHなどは操作性もよく、ゲーム感覚で英語学習ができるのでやってて楽しいです。

クイズで英語学習したいなら断然これ。猛烈におすすめしたい英語アプリ3選
英語学習アプリのクイズを活用して、楽しく効率的に勉強する方法を紹介します。僕はクイズ形式が好きなので、英語の勉強でもよく活用しています。

ちなみに、使っている教材に飽きてしまったら容赦なく買い替えましょう。お金がもったないという気持ちもわかりますが、それ以上に大事なのは英語学習を続けることです。

なにより、楽しいと感じなくなった時点で趣味とはいえませんから、なによりも楽しめる教材を最優先んで選ぶことにこだわりましょう。

英語が趣味になると、苦痛なく学習が続けられるようになります。くどいようですが、なによりも「楽しむこと」を追求して、教材を選ぶようにしましょう。

挫折なし。僕が英語学習を続けられる理由

英語の教材も読み放題
僕は参考書でも英語の勉強はしますが、今はすっかりスタディサプリENGLISHで英語学習を続けています。

このアプリの最大の魅力は「やってて楽しいこと」。

英語学習は「続けることすべて」といっても過言ではありません。そのためには「楽しめる教材かどうか」が非常に重要です。

僕は毎日最低30分はスタディサプリENGLISHをやるようにしていますが、やってて楽しいので毎日続けられて挫折知らずです。

日常英会話やビジネス英会話はもちろん、TOEIC対策もできちゃいます。

無料で7日間体験ができるので、英語学習に興味がある人はぜひ試してみてほしいです(ちなみに、解約もかんたんなので安心)。

全部で3つのコースがあるので、自分の目的にピッタリのコースをお選びください。

「英会話をやるのが怖い…」という人へ

ネットで交流

「英会話をやってみたいけど、怖くて始められない」という人は多いと思います。

僕も以前までは「英語の知識もないのに、英会話なんてとんでもない…」というタイプの人間でした。

しかし、思い切ってオンライン英会話にトライしてみたところ「思ったより話せるし、むしろスゴい楽しいじゃん…!」というのが第一印象でした。

そこから、僕はかれこれ4年以上もオンライン英会話でレッスンを楽しんでいます。

僕がメインで使っているのはDMM英会話で、レッスンの質も高いですし、教材も豊富です。

講師は初心者の人にも優しいので、安心してレッスンを受けられます(本当に良い講師ばかりで驚く)。

「英会話に興味がある」という人はDMM英会話から始めてみるのが良いと思います。

まずは2回分のレッスンが無料で受けられるので、お試しで体験してみるのがおすすめです。

英語勉強法英語学習
最新記事は
Twitterで受け取れます。
フォローお待ちしてます。
bookbaum
タイトルとURLをコピーしました