【習慣化】英語の長文を毎日読むために僕がやっていること&おすすめ教材とアプリ

会話

英語の長文が読めるようになると、洋書や英字新聞も読めるようになるし、英語のニュースも聴き取れるようになります。

しかし、そのためには毎日コツコツと英語の長文を読む必要があります。

英語の長文を毎日音読している僕が、どのように習慣化して継続してきたのかについて細かく説明していきたいと思います。

英語の長文を毎日読む効果・メリット

  • 英語の長文を毎日読むメリット
  • ・英検やTOEIC、入試などの長文問題がラクになる
  • ・洋書、英字新聞、英文ニュース記事が読めるようになる
  • ・ビジネス文書の作成、理解が容易になる
  • ・リスニングや英会話の聴き取りが上達する
  • ・日本語を介さずに英語が理解できるようになる

僕は毎日英語の長文を読んでいるのですが、上記のようなメリットを強く実感しています。個人的には「英語の長文を英語学習の中心に据えるのがベスト」だと思っているくらいです。

英検やTOEICなどの試験を受ける人は恩恵だらけですが、それ以外にも日常生活で活かせることもたくさんあります。

たとえば情報収集。世界人口の6割が英語を使っていると言われていますが、それはつまり英語発信の情報が世界で最も多いことを意味します。

英語でググって英語で情報が得られれば、圧倒的に多くの情報にふれることができるようになります。

さらに、英語を読むのはリーディング力向上につながるだけではありません。リスニングにも良い影響を与えます。

「読めないと聴き取れない」というのは真理で、そもそも英語の長文を読めない人が、英語の長いリスニングを聴き取ることはできません。

つまり「読めるようになれば聴き取れるようになる」という嬉しい効果が期待できるのです。

事実、僕はリスニングに特化した勉強はまったくしていません。英語長文の音読・シャドーイングだけで、海外のニュースやラジオ、洋楽や洋画などを聴き取る能力は確実にUPしています。

本当に英語の長文が読めるようになりたい人へ。おすすめ教材&アプリ3選【社会人向け】
英語の長文が読めるようになると、新聞や洋書も楽しめるし、ビジネスメールや書類も翻訳の力を借りずに読むことができます。僕が実際に使ってみて効果を実感した長文読解を伸ばすおすすめ英語教材をご紹介します。

なぜ読むのか?目的意識を持つ

スマホで通信

「なぜ自分は英語の長文を毎日読むのか?」という目的意識・目標を持つことはとても大切です。

英語の勉強をしていると、やる気の波がどうしても起こります。モチベーションが高い日もあれば「英語なんてやらなくてもいいんじゃないか…」と、やる気がゼロになる日もでてくるものです。

いまは意欲的でも、英語を読むのがシンドくなる瞬間が必ず訪れます。そんなときに「英語の長文を毎日読む理由」がハッキリしていないと、間違いなく挫折します。

でも、目的がハッキリしていれば頑張れるものです。僕の場合は「洋書を読めるようになりたい」「海外のスポーツ実況を聴き取れるようになりたい」という目的・目標があるので、モチベーションが落ちかかっても再始動できています。

最初からいきなり明確な目的意識を持つのが難しい人は、英語を勉強していくなかで見つけていけばいいと思います。

「英語の長文を毎日読もう」と思うからにはなにか必ず理由や目的があるはずなので、それを心の拠り所にして学習を続けていきましょう。

【飽きる人は必見】英語の勉強を、飽きずに長く継続する5つのコツ&おすすめ教材
僕も英語に飽きてしまって「勉強をやめてしまおうか…?」と悩んだ経験が何度もあります。そんな経験を踏まえて、今回は「英語の勉強を飽きずに長く続けるコツ」について解説していきます。

最初のステップは「1日1分」を目標に

スタディサプリENGLISH

モチベーションの話と大きく関係してきますが、勉強を始めたばかりのころは「1時間やるぞ」とか「今日20ページ文の英文を読もう」という感じで意欲が高めです。

しかし、三日坊主という言葉があるように、最初からエンジン全開で勉強を始めると絶対に長続きしません。

英語の長文を毎日読んでいきたいのであれば、必ずスモールステップで始めましょう。具体的には「1日1分」という感じで、めちゃくちゃハードルを下げてOK。むしろ「デスクの前に座って、教材を開く」という目標から始めても良いくらいです。

英語の長文を読むことを習慣化するためには、少しずつ小さな目標を達成していくことが重要になります。

【1週間目は1日1分、2週間目は1日5分、3週間目は1日10分…】という感じで、少しずつ時間を伸ばしていくことで精神的に負担の少ない英語学習を実現できます。

【実体験】「英語の勉強が苦痛すぎる…」と苦しむ人に教えたい5つの解決策
僕の実体験も交えながら「英語の勉強が苦痛」という人向けの解決策を紹介していきます。

まずは毎日、短い英文から始めてみる

英語の勉強法は「音読トレーニング」と「英作文」の2つに絞る【おすすめの英語学習法】

習慣化のためのスモールステップという話と関係してきますが、最初は短い英文からスタートするようにしましょう。

いきなり長文の英語を読もうとすると負荷が大きすぎて長続きしません。

だいたい3〜4行ぐらいの英文からはじめてみるのがいいと思います。3〜4行ぐらいだと、単語の意味や文法がわからなくても、調べて理解するのにそこまで時間がかからないからです。

英語の長文教材ではありませんが、『ALL IN ONE』という教材は3〜4行ぐらいの英文がまとまっているのでおすすめです。対訳も語義も載っていて、文法解説もあるので、この1冊で完結できます。レイアウトはこんな感じ↓

『ALL IN ONE』の本文

3〜4行ぐらい英文で構成されていて、使いやすい

レビュー記事はこちら→ 『ALL IN ONE』を始めて1ヶ月。英語の全技能レベルが上がる最高の1冊でした【レビュー】

自分の英語レベルより簡単な英文を読む

英語の勉強

英語の長文を毎日読むというのは想像以上に負担が大きいものです。そのため、自分のキャパ(能力)を超える英文を読もうとすると効果も実感しづらいし、挫折まっしぐらです。

英文のレベルは、必ず自分の英語レベルと同じか、少し簡単に感じるくらいのものを選びましょう。英語初心者の人が、いきなりBBCやCNNのニュース記事を読むのは言語道断です。

僕も最初はそうだったんですが「これくらいなら自分でも読めるでしょ」とか「英語の勉強はむずかしい教材を使ったほうがいい」と思いがちです。でもこれ、確実に挫折します。

僕も過去に何度か洋書のペーパーバックをジャケ買いして意気揚々と読もうとした経験がありますが、ことごとく挫折しました。理由は明快で、自分の英語力よりもはるかにレベルの高い英文だったからです。

「日本語を介さずに英語を理解できるようになる」という成果を得るためには、自分が理解できる英語レベルの英文をたくさん読むことが大切です。NHKの英語講座を担当している伊藤サム先生も「英語はやさしく、たくさん」と述べています(同名の著書もあります)。

こういった点から、英語の長文を読むにあたっては「自分の英語レベルに合ったもの」を選ぶことは極めて重要であることがわかると思います。教材はゆっくり時間をかけて選ぶようにしましょう。

興味のあるテーマの英文を読む

【大人の英語勉強法

英語レベルと同じくらい重要なのが「興味を持って読める英文かどうか」ということです。

英語の音読や黙読で効果を実感するためには、繰り返し何度も同じ英文を読む必要があります。そうなったとき、自分の興味がない英文だと長続きしません。

そもそも、興味が持てるかどうかはモチベーションにも大きく関わってきます。趣味や仕事につながるテーマの英文であれば、英語学習を度外視して、純粋に読んでみたい(情報を知りたい)と思えてくるものです。

ですから、毎日の英語長文には必ず「興味関心がある英文」を選びましょう。

ただし、1つだけネックになることがあります。それは、教材(英文)見つけるのがそこそこ大変ということです。

僕も経験があるからわかるのですが、英語教材に関する知識がない人が、「興味が持てる&英語レベルがちょうどいい英文教材」を見つけるのはそれなりに難易度が高いと思います。

「なかなかしっくりくる英文が見つからない」という人は、英語学習アプリを使うと良いと思います。

以下の記事でくわしくまとめていますが、たとえば 【ポリグロッツ】というアプリは、テーマや難易度が多彩なので、しっくりくる英文が見つかるはずです。ビジネス系が好きな人なら【日経 LissN】というアプリが良いと思います。

【効果を実感】飽きずに音読・シャドーイングができる、おすすめの英語学習アプリ
英語の音読とシャドーイングができるアプリをまとめてご紹介。すべて課金して、使い込んだアプリです。

対訳で意味が確認できる英文を選ぶ

「英語なんて勉強しても意味ない」それでも僕が英語学習を続ける3つの理由

英語の黙読、音読、シャドーイングは内容を理解したうえでおこなうべきです。ようするに「この英文の内容がよくわからない」状態で勉強しても、効果は低減します。

そのため、英語の長文を毎日読むにあたっては、日英の対訳がある教材を使うことをおすすめします。

もちろん、対訳なしで理解できるのが理想ですが、最初のうちは日本語の介在なしで英語を理解するのはむずかしいと思います。

さきほども例にあげましたが、BBCやCNNなどのニュースは、ネットでググればすぐに出てくるし、スマホアプリでも読めるので非常に気軽です。しかし、難易度が高く日本語の対訳もないので、初心者にとってはハードルが高すぎます。

むずかしい教材に下手に手を出すと、まったく理解できずに絶望感だけが残り、英語学習がイヤになってしまう危険性もあります(僕はその絶望感を何度も経験しました…)。

理解できない英語を音読しても、学習効果は期待できない【正しいやり方】
僕は長年、英語の音読を続けてきましたが、そのおかげで英語力が伸びたと思っています。 しかし、英文の意味や内容を理解できないまま音読を続けても、学習効果は低減してしまいます。 音読の効果を最大限に高めるために知っておきたい、音読の...

どこでも英文が読めるアプリを活用する

【効果を実感】飽きずに音読・シャドーイングができる、おすすめの英語学習アプリ

「毎日読む」ということを念頭に置くと、「気軽にいつでも読める」という点を重視すべきです。わかりやすくいえば、使いやすいアプリのほうが勉強が長続きします。

英語の勉強をやっている人なら経験があるかもしれませんが「教材(参考書)を出すのが面倒」と感じる瞬間が少なからずあります。こわいのが、無意識で面倒な気持ちが勝ってしまい、勉強しなくなることです。

それを避けるためには、スマホアプリを活用して「いつでもどこでも、気が向いたといにすぐ英語が読める」というのが理想です。

僕は参考書(本)で勉強するのがメインなのですが、気分転換にスマホを取り出して英語を読むことも多々あります。

外出先でも英語が読めるのもアプリのメリットです。毎日継続するためには、スキマ時間(電車の待ち時間など)を活用することが不可欠です。

ただし、長ーい英文をアプリで読むのは目の疲れもあるし、厳しい部分もあります。

ですから僕はスタディサプリENGLISHなどのアプリを使って、スキマ時間にサクッと勉強ができる体制にしています。英語の会話文ではありますが、まとまった英文を読むことができます。

1日3分から勉強ができるつくりになっているので、短時間学習にもピッタリです。

挫折なし。僕が英語学習を続けられる理由

英語の教材も読み放題
僕は参考書でも英語の勉強はしますが、今はすっかりスタディサプリENGLISHで英語学習を続けています。

このアプリの最大の魅力は「やってて楽しいこと」。

英語学習は「続けることすべて」といっても過言ではありません。そのためには「楽しめる教材かどうか」が非常に重要です。

僕は毎日最低30分はスタディサプリENGLISHをやるようにしていますが、やってて楽しいので毎日続けられて挫折知らずです。

日常英会話やビジネス英会話はもちろん、TOEIC対策もできちゃいます。

無料で7日間体験ができるので、英語学習に興味がある人はぜひ試してみてほしいです(ちなみに、解約もかんたんなので安心)。

全部で3つのコースがあるので、自分の目的にピッタリのコースをお選びください。

「英会話をやるのが怖い…」という人へ

ネットで交流

「英会話をやってみたいけど、怖くて始められない」という人は多いと思います。

僕も以前までは「英語の知識もないのに、英会話なんてとんでもない…」というタイプの人間でした。

しかし、思い切ってオンライン英会話にトライしてみたところ「思ったより話せるし、むしろスゴい楽しいじゃん…!」というのが第一印象でした。

そこから、僕はかれこれ4年以上もオンライン英会話でレッスンを楽しんでいます。

僕がメインで使っているのはDMM英会話で、レッスンの質も高いですし、教材も豊富です。

講師は初心者の人にも優しいので、安心してレッスンを受けられます(本当に良い講師ばかりで驚く)。

「英会話に興味がある」という人はDMM英会話から始めてみるのが良いと思います。

まずは2回分のレッスンが無料で受けられるので、お試しで体験してみるのがおすすめです。

英語勉強法英語学習
最新記事は
Twitterで受け取れます。
フォローお待ちしてます。
bookbaum
タイトルとURLをコピーしました