Kindle Unlimitedで洋書を読むと世界が変わる。超お得&便利すぎてもう手放せない

タブレットで読む

洋書のペーパーバックや洋雑誌を買うのはハードルが高いですが、電子書籍なら今スグにでも手に入れることができます。

特に Kindle の品揃えは凄まじく、”ない洋書はない”と思えるくらいの品揃えです。

そんなKindleには Kindle Unlimited という読み放題サービスがあり、洋書を含めた200万冊以上を読むことができます。

僕は Kindle Unlimitedで洋書を読みはじめてから「ちょっと人生が変わったかも」というレベルで良いサービスなので、くわしく紹介していきます。

30日間無料でKindle Unlimitedを試す

Kindle Unlimitedのスゴイところ

  • Kindle Unlimitedの特徴
  • ■ 読み放題の対象書籍は圧巻の200万冊以上
  • ■ 月額980円(税込)で最初の1ヶ月は無料
  • ■ 書籍はもちろん、雑誌もマンガも読める
  • ■ スマホやタブレットだけでなく、PCでも洋書が読める

読み放題の対象書籍は圧巻の200万冊以上

そもそもKindleストアでは1冊ずつ単品で買うこともできるわけですが、それとは別にKindle Unlimitedを使えば200万冊以上が読み放題になります。

冷静に考えてみると、これは凄まじいことです。なぜなら、一般的な洋書は1冊1,500円以上するのが当たり前なのに対し、Kindle Unlimitedなら月額980円(税込)で200万冊以上が読み放題になるからです。

Kindle Unlimitedで1冊読んだだけで元が取れてしまうので、もはや単品で1冊ずつ買うのに抵抗感すら覚えるレベル。

もちろん、読み放題の対象外となる本もあるので、そういった本は単品で買う必要がありますが、それでも読み放題はあまりにもお得だと思います。

30日間無料でKindle Unlimitedを試す

月額980円(税込)で最初の1ヶ月は無料

Kindle Unlimitedは月額980円(税込)です。この料金で好きなだけ洋書や洋雑誌が読めてしまうわけですが、最初の1ヶ月は無料という太っ腹。

さらに嬉しいのが、解約が簡単ということです。この手のサブスクにありがちな「解約が面倒でわかりづらい」ということがKindle Unlimitedには一切ありません。

解約ページを開いて、解約ボタンを押すだけですぐに解約ができます。しかも、解約後は契約期間が終わるまで読み放題は続くので損をすることもありません。払った料金分はしっかり堪能することができます。

書籍はもちろん、雑誌もマンガも読める

Kindle Unlimitedは書籍だけでなく、雑誌やマンガも読み放題の対象です。

一般的な洋書のペーパーバックだけでなく、コミックも読み放題なので読書の幅が広がります。

ちなみに、洋書のジャンルは幅広いのでそこも楽しみの1つです。ビジネス書や実用書にはじまり、アートや小説、さらにはサイエンスまで読み放題。

Kindle Unlimitedで洋書をさがすと、読みたい本がありすぎてキリがありません(笑)

【意外と知らないKindle活用術】読書効率が劇的に上がる6つの使いこなしワザ
僕はKindleを使い始めてから5年以上経ちますが、毎日のように使っていると「こんな使い方もあるんだ」という発見が多くあります。「Kindleを使いこなそう!」と銘打って、意外と知らないKindleの活用術をご紹介します。

スマホやタブレットだけでなく、PCでも洋書が読める

これはKindle Unlimitedに限りませんが、Kindle本はすべてのデバイスに対応しています。

Kindle専用端末(Kindle PaperwhiteやKindle Oasis)はもちろん、スマホ・タブレットにKindleアプリを入れて読むことも可能です。

さらに、パソコンにアプリを入れれば大きな画面で洋書を読むこともできちゃいます。

いろんな機器で読めるので、好きな場所・好きなデバイスで読むことができます。電車ではスマホで読んで、自宅ではタブレット、みたいな感じで使い分けが可能です。

洋書のペーパーバックにはここまでの柔軟性はありませんから、Kindleの大きな利点といえるでしょう。

ちなみに、Kindleには辞書も内蔵しているので、洋書を読んでいてわからない単語が出てきたらスグに意味を調べることができます。

【実体験】Kindle端末を使った英語学習がおすすめな人・使わないほうがいい人
Kindle端末を使って英語学習するメリット・デメリットをご紹介。効果的な使い方とおすすめの端末も解説します。ちなみに、僕はKindle Oasis を愛用中です。

こんな洋書も読めちゃいます

ここからは、実際にKindle Unlimitedで読める洋書をピックアップして紹介します。

読み放題の対象本は随時入れ替わりますので、あくまでも記事執筆時点での対象本ということをご承知おきください。

僕が個人的にビジネス書を読むことが多いのでビジネス書が多めですが、Kindle Unlimitedの対象本は全ジャンルです。

ビジネスに限らず、実用書から小説まで揃っていますので、読みたい本が見つからない…ということはまずありません。

デメリットを強いて言うなら…

  • Kindle Unlimitedで洋書を読むデメリット
  • ■ ペーパーバックの紙の質感を味わえない
  • ■ Kindleだと飛ばし読みがしにくい
  • ■ 10冊以上は借りられない

ペーパーバックの紙の質感を味わえない

本を読むときの紙の質感が好き、という人も多いと思います。僕もその1人ですが、Kindleだとその楽しみを味わえません。

割り切るしかないのですが、紙で読まないと気がすまないという人はペーパーバックを買うようにしましょう。

僕はKindle Unlimitedで読む本と、紙で買う本を使い分けています。

iPadで読書するのが最高だと思う理由。メリットとデメリットも比較してみた
電子書籍を読むことに消極的だった僕ですが、iPadで本を読み始めてからはすっかりハマっています。iPadで読書をするメリット・デメリットをくわしく解説します。

Kindleだと飛ばし読みがしにくい

小説やマンガは飛ばし読みや拾い読みをすることはないと思いますが、ビジネス書や実用書は必要なページだけを読むことが多々あります。

紙の本だとパラパラめくりながら、見出しなどをチェックしてページ送りができるのですが、Kindleだと1ページずつしか送れないので少しストレスです。

ページをサムネイルで一覧表示してチェックする機能も付いてますが、飛ばし読みをするのには向いてません。

そのため、飛ばし読みや拾い読みを前提に読む洋書については、Kindleではなく紙の本を買ったほうがいいかもしれません。

10冊以上は借りられない

Kindle Unlimitedは10冊を上限に”借りる”という感じで本を読みます。端末にダウンロードできる本は10冊までということです。

10冊を超えてダウンロードすることはできないので、なにか1冊本を返却して、あらたに違う本をダウンロードすることになります。

読んだら返却すればいいだけの話ですが、「コレ読みたい」と思ってダウンロードしようとしたら10冊に達していて返却する本を選ばなければいけなかった…というときは、少し面倒です。

格安で洋書を読みたい人は、絶対使うべき

そもそも、Kindle版はペーパーバックよりも値段が安いことがほとんどです。和書よりも、洋書のほうがKindle版とペーパーバックの差が大きいと思います。

たとえば、”Range”というビジネス書があるのですが、ペーパーバックとKindle版で値段に大きな差があります。

Amazonならオンラインでも試し読みできる

  • 【価格例】ビジネス書 ”Ranage” の場合
  • ハードカバー … 3,233円
  • ペーパーバック … 1,149円
  • Kindle版 … 434円
  • (価格は随時変動します)

Kindle版を単品で買うのもいいですが、僕はKindle Unlimitedも使っています。

というのも、お金を出して買った洋書が(英語レベル的に)読めるかどうかはわからないからです。

単品で買った洋書がむずかしくて読めないときの喪失感というか後悔はなかなか大きいものです。

しかし、Kindle Unlimitedなら読み放題なので「読めなかったから他の本を探そう」と前向きに読書を継続することができます。

失敗によるメンタルのダメージも軽減できるのが、Kindle Unlimitedの隠れた長所だと思います。

最初に説明したとおり、最初の1ヶ月は誰でも無料でお試しができるので、ぜひ試してみてください。

30日間無料でKindle Unlimitedを試す

大量の雑誌を読んでるのに、雑誌代が安いワケ 

僕は毎月50冊ほど雑誌を読んでいますが、雑誌を買うのにお金はほとんどかかっていません。

その理由は、雑誌の読み放題サービスを使っているからです。

僕は dマガジン を使っています。月額440円(税込)で700誌以上の雑誌が読み放題という圧倒的なコスパなので、もはや手放せません。

雑誌1冊の値段で700誌以上が読めるわけなので、2冊ぐらい読むだけでスグ元が取れてしまいます。

ちなみに、初めての人は31日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

▷ 31日間無料でdマガジンを試してみる

Kindle Unlimited読み放題(サブスク)
最新記事は
Twitterで受け取れます。
フォローお待ちしてます。
bookbaum
タイトルとURLをコピーしました