【実体験】Kindle端末を使った英語学習がおすすめな人・使わないほうがいい人

英語を勉強するにあたって「どんな教材を使うか?」というのは非常に重要です。

僕は長いことKindle端末(Kindle Oasis)を使って英語を勉強してきました。

実際に使ってみて感じた「良いところ・良くないところ」を整理しながら、Kindle端末がおすすめな人・向いてない人を検証していきたいと思います。

まずはKindleの専用端末が必要

まずはKindleの専用端末が必要

Kindle Oasis に Pop Grip を付けて使ってます

当たり前の話ですが、Kindleを読むにはKindleの専用端末が必要です。もちろん、スマホのKindleアプリでも読めますが、今回のテーマはスマホアプリではなく”Kindle端末”ですので、それを念頭において話を進めていきます。

そもそも、Kindle端末とKindleアプリのちがいは何なのか?表で比較してみましょう。

 Kindle端末Kindleアプリ
端末Kindle
Kindle Paperwhite
Kindle Oasis
スマホ
タブレット
画面の色白黒カラー
操作性
画面の反応が遅い

反応良し
目への影響e-inkディスプレイで疲れにくい疲れやすい
バッテリー持続数週間1〜2日
価格6,980円〜
32,980円
端末による

英語学習において何を重要視するかによって、Kindle端末とKindleアプリを使い分けることになると思います。

Kindle端末には「目に優しい」「軽量」「バッテリー持ちが良い」といった特徴があるので、そこに惹かれる人にとっては最適なデバイスになるでしょう。

一方で、Kindle端末は「画面サイズが小さい(大型タブレット端末と比較して)」「画面の反応が悪い(ページ送りが遅い)」「容量が少ない」といったデメリットもあります。

これらを比較したうえで「自分の英語学習は、なにを優先すべきだろう?」と考えるところから始めるのがおすすめです。

端末を使い分けると、英語学習がはかどる

僕の場合でいうと、Kindle端末(Kindle Oasis)を使っていて、同時にスマホとタブレットのKindleアプリも使っています。いわば「全使い」という感じ。

なんで全部使っているかというと、英語学習のシチュエーションによって端末を使い分けているからです。

たとえば、Kindle Oasis は自宅や外出先でじっくりと洋書を読むときに使っています。紙のように目に優しいので長時間読んでいても目が疲れにくいです。

スマホのKindleアプリは、ちょっとしたスキマ時間に英語の参考書を読んだり、洋書を読むときに使います。スキマ時間というのは「電車を待つ5分間」や「カップラーメンを待つ3分間」などです。

タブレットのKindleアプリは、自宅で英語の音読やシャドーイングをするときに使っています。iPad Pro の11インチを使っているのですが、画面が大きいので勉強しやすいです。

という感じで、シチュエーションで端末を使い分けると、より効率的な英語学習が可能になります。

ほとんどの人がスマホを持っていると思いますから、Kindle端末だけ購入して「スマホとKindle端末の両使い」からはじめて見るのが良いと思います。

Kindle端末は購入が必要ですが、Kindleアプリは無料なので、いま持っているスマホですぐに使い始めることができます。

Kindle端末を購入するメリット

Kindle端末を購入するメリット

僕はKindle Paperwhiteを初めて購入してから4年間ほど使い続け、そのあとKindle Oasis に買い替えた人間です。いってみれば、Kindle端末に魅力されている一人だと思います。

僕がKindle端末に対して好感を持っているポイントは以下のとおりです。

  • Kindle端末のメリット
  • ・目に優しい(眼精疲労を軽減する)
  • ・軽量で省スペース(デスクが広く使える)
  • ・英語の辞書がすぐ引ける
  • ・簡単に線が引ける(ハイライト機能)
  • ・マイノート機能で学習の振り返りが容易

目に優しい(眼精疲労を軽減する)

目の疲れ方には個人差があると思いますが、僕はiPhoneやiPadで長時間英語を読み続けていると目が疲れてしまいます。

しかし、Kindle端末は e-ink ディスプレイ採用で紙の読み心地に近いので、目がほとんど疲れません。

英語学習において目の健康は最優先されるべきだと思うので、目をいたわりたい人はKindle端末を使うことをおすすめします。

軽量で省スペース(デスクが広く使える)

僕は自宅のデスクで英語を勉強することが多いのですが、英語の本を読むときにデスクの上が散らかるのがあまり好きではありません。

洋書や参考書や問題集をデスクのうえに広げると、それだけで気が散ってしまい、集中力を妨げることにもつながります。

Kindle端末であれば、小さい筐体にすべてのデータが入っているので、デスクのうえで非常に広く使えるようになります。

デスクのうえにムダなものを置かないことで、気分よく英語学習に集中ができます。

英語の辞書がすぐ引ける

英語学習において、わからない英単語をスムーズに調べられるかどうかは非常に重要です。

わからない英単語が出てきたときに、辞書が引きにくいと「調べるの面倒だからいいや」とか「後回しにしよう」といって調べるのを忘れたりします。

なにより、辞書を引く作業ってそもそも面倒なので、英語学習においてはそれなりにストレスがかかります。

特に、英語の長文や洋書を読んでいるときは顕著で、わからない英単語が出てきたときに読むのを中断して辞書を引くのってかなり気が重いですよね。

しかし、Kindle端末であればその面倒な作業からも開放されます。辞書が内蔵されており、わからない英単語を長押しするだけで、画面に辞書が表示されるので、意味がすぐに確認できます。

わざわざ辞書を別に用意する必要もないし、辞書を引くアクションも最小限で済みます。

さらに、辞書の性能もまあまあ良いので、Kindleの内蔵辞書だけで解決することも多いです。

【英語学習にピッタリ】圧倒的に使いやすい辞書アプリ「物書堂」のメリット&使い方
英語学習を継続するうえで、良い辞書との出会いは欠かせません。今回は僕が試行錯誤してようやくたどり着いた、使いやすくて便利な辞書アプリを紹介します。

簡単に線が引ける(ハイライト機能)

簡単に線が引ける(ハイライト機能)

英語学習をするときに、自分が苦手や英文や単語に線を引くことってありますよね。

Kindle端末でも、ハイライト機能を使えば自分の気になるところに線を引くことができます。

線を引きたい英文や単語をなぞるだけで、簡単に線が引けるので、ペンなどの文房具は不要です。

さらに、ハイライトを引いた箇所はすべて「マイノート」という自分だけのノートに自動で集約されます。

あとで学習を振り返るときに、どこが苦手だったか、どこがわからなかったのかを瞬時にチェックできます。

Kindle端末を使うことで、効率的に復習がおこなえるというわけです。

Kindle端末のメインは英文リーディング

Kindle端末のメインは英文リーディング

Kindle端末を使って英語学習をおこなう場合、あらゆるジャンル・テーマの勉強ができます。

僕はこれまでKindleの本をたくさん読んできましたが、英語学習に関してはひととおりKindleで勉強しました。

  • Kindleで学べる英語のジャンル
  • ・英会話
  • ・リスニング
  • ・スピーキング
  • ・ライティング、英作文
  • ・リーディング
  • ・英文法
  • ・英検、TOEIC対策

Kindleにはあらゆるジャンルの本が揃っていますが、英語学習も例外ではありません。

英会話の本もあるし、英文法の本もありますから困ることはないでしょう。

ただし、一点で注意があります。それは、Kindle端末で英語学習をするなら「文字中心でリフロー型レイアウト」のKindle本を選ぶべきということです。

ここはかなり重要なポイントなのですが、Kindleの電子書籍には「リフロー型」と「固定型」という2つのレイアウトがあります。

  • リフロー型
  • → 端末の画面サイズに合わせて、文字の大きさやレイアウトを変えられる
  • 固定型
  • → 紙の本のレイアウトをそのまま電子化したもの。文字サイズは変えられない

英語の参考書や洋書には図やイラストなどのビジュアル中心のものもありますが、そういった本はほとんどが固定型レイアウトです。

固定型だと文字サイズが変更できないので、Kindle端末の小さな画面だと読みづらさを感じます。

一方、文字が中心のKindle本は、文字サイズが変更できるリフロー型が多いので、Kindle端末で読むときに読みやすいです。

読もうとしているKindle本がリフロー型なのか固定型なのかは、商品詳細ページに書いてあります。

あるいは、Kindleはすべての本で無料サンプルが試せるので、ひとまずサンプルを端末にダウンロードしてみてチェックしてみるのが良いと思います。

「せっかく買ったのに固定型レイアウトで読みづらかった…」ということがないよう、購入前に必ずレイアウトは確認するようにしましょう。

Kindleの読み放題サービスで英語教材を読み漁る

英単語を覚えるのが苦手な人はこの1冊でシンプルに『100語で伝わる 魔法の英単語ランキング』

KindleにはKindle Unlimitedという本の読み放題サービスがあるのですが、その中には英語の参考書も含まれます。

つまり、英会話や英文法、英単語帳などのあらゆる英語教材が読み漁れるということです。

僕はKindle Unlimitedを使いはじめて4年以上が経ちますが、累計で50冊以上は英語の本を読んできました。

さらに英語教材だけでなく洋書も読み放題の対象なので、英語学習に関しては全方位的に対応しています。

わりと本気でおすすめしたいサービスなので、Kindle端末で英語学習をしようと思っている人はぜひKindle Unlimitedを試してみてほしいです。

30日間無料でKindle Unlimitedを試す

目の疲れがない人は、断然 iPad がおすすめ

【最強の英単語帳】『DUO』の使い方はコレで決まり!効率的に英単語を覚える方法

最初にもちらっと説明しましたが、僕はKindle端末とiPhone・iPadをフル活用して英語学習しています。

Kindle端末はたしかに良いところもありますが、本音をいえば iPad のKindleアプリにすべてを集約したいと思っています。

Kindle端末よりもiPadのほうが操作性も高く、画面も大きい上にディスプレイがきれいです。

にもかかわらず、僕がKindle端末を併用しているのは、目が疲れてしまうから。

つまり、裏を返せば「iPad(タブレット)を長時間使っても目が疲れないよ」という人は、Kindle端末よりもタブレット端末でKindleアプリを使ったほうが良いと思います。

「眼精疲労がなければiPadに一本化できたのに…」というのが、僕の正直な気持ちです。

【悩ましい】iPadで英語学習するメリットは絶大だけど、決定的なデメリットが1つある
iPad で英語学習を始めて、英語力のUPを実感しています。メリットだらけですが、iPad には決定的なデメリットもあるので要注意です。

Kindle端末を使った英語学習がおすすめの人

  • Kindle端末 × 英語学習がおすすめな人
  • ・軽量、省スペースで英語学習をしたい
  • ・目に優しい端末で勉強したい
  • ・辞書をすぐに引きたい
  • ・バッテリーが持続する端末がいい
【効果がスゴい】英語学習にKindleを使うべき3つの理由&おすすめの本
Kindleで英語学習を始めてみました。Kindleを使って英語を勉強するメリット&おすすめの参考書についてご紹介します。

挫折なし。僕が英語学習を続けられる理由

英語の教材も読み放題
僕は参考書でも英語の勉強はしますが、今はすっかりスタディサプリENGLISHで英語学習を続けています。

このアプリの最大の魅力は「やってて楽しいこと」。

英語学習は「続けることすべて」といっても過言ではありません。そのためには「楽しめる教材かどうか」が非常に重要です。

僕は毎日最低30分はスタディサプリENGLISHをやるようにしていますが、やってて楽しいので毎日続けられて挫折知らずです。

日常英会話やビジネス英会話はもちろん、TOEIC対策もできちゃいます。

無料で7日間体験ができるので、英語学習に興味がある人はぜひ試してみてほしいです(ちなみに、解約もかんたんなので安心)。

全部で3つのコースがあるので、自分の目的にピッタリのコースをお選びください。

「英会話をやるのが怖い…」という人へ

ネットで交流

「英会話をやってみたいけど、怖くて始められない」という人は多いと思います。

僕も以前までは「英語の知識もないのに、英会話なんてとんでもない…」というタイプの人間でした。

しかし、思い切ってオンライン英会話にトライしてみたところ「思ったより話せるし、むしろスゴい楽しいじゃん…!」というのが第一印象でした。

そこから、僕はかれこれ4年以上もオンライン英会話でレッスンを楽しんでいます。

僕がメインで使っているのはDMM英会話で、レッスンの質も高いですし、教材も豊富です。

講師は初心者の人にも優しいので、安心してレッスンを受けられます(本当に良い講師ばかりで驚く)。

「英会話に興味がある」という人はDMM英会話から始めてみるのが良いと思います。

まずは2回分のレッスンが無料で受けられるので、お試しで体験してみるのがおすすめです。

英語勉強法英語学習
最新記事は
Twitterで受け取れます。
フォローお待ちしてます。
bookbaum
タイトルとURLをコピーしました