スタサプ新日常英会話で、仕事に関する受け答え「What do you do?」を学びました

【レビュー3日目】スタサプ新日常英会話で、仕事に関する受け答え「What do you do?」を学びました

スタディサプリENGLISHの新日常英会話コースを使い始めて3日目。

今日は、【ニューヨークでシェアハウス Lv.1-1 Lesson 10 】で、相手の仕事について尋ねる表現「What do you do?」を学んだ。

ということで、今回のレッスン内容をくわしくレビューしていく。

What do you do?で職業を聞く

What do you do?で職業を聞く

What do you do?(お仕事はなんですか?)は超定番表現なので、知っている人のほうが多いだろう。

スタディサプリENGLISHの新日常英会話コースの講義においては、飛行機内での男女の会話という設定になっている。

相手に仕事内容を尋ねるとき、What do you do?が最も一般的な表現らしい。他にも、What’s you job? という聞き方もあるが、この表現は使わないほうが良いとスティーブン・ソレイシィ先生は説明している(おそらく、直接的すぎるんだと思う)。

さらに細かいポイントとして、What do you do?の文頭に So…を付けることが紹介されている。

So…を付けることで、会話にいい流れが生まれる(Soを付ける具体的な理由については解説されていない)。

ちなみに、仕事内容をくわしく聞きたいとき、あるいはその職業がよくわからなかったときは What kind of job is(was) it?(それはどんな仕事ですか?) と質問できる。

What do you do? と聞いたあとに、What kind of job is it? と聞く流れは覚えておいたほうが会話が弾みそう。

失業中の話をするときの英語表現

もう一つ、今回のレッスンで勉強になったのが、I’m between jobs.(私は失業中です)という表現だ。

レッスンに出てくる登場人物は、前の仕事から次の仕事に移行するまでの”間”ということで、I’m between jobs.という表現を使っている。

次に新しい仕事を始める前提というときに、I’m between jobs.は便利だ。求職中であることを伝えられるので、比較的ポジティブな印象になる。

失業中であることを伝える表現として、I’m unemployed. というフレーズもあるが、こちらはややネガティブな印象になるらしい。

たいていの人は、なんらかの仕事に就くはずなので、無職のときであっても I’m between jobs. と答えたほうが良さそうだ。

 

 

挫折なし。僕が英語学習を続けられる理由 [PR]

英語の教材も読み放題
僕は参考書でも英語の勉強はしますが、今はすっかりスタディサプリENGLISHで英語学習を続けています。

このアプリの最大の魅力は「やってて楽しいこと」。

英語学習は「続けることすべて」といっても過言ではありません。そのためには「楽しめる教材かどうか」が非常に重要です。

僕は毎日最低30分はスタディサプリENGLISHをやるようにしていますが、やってて楽しいので毎日続けられて挫折知らずです。

日常英会話やビジネス英会話はもちろん、TOEIC対策もできちゃいます。

無料で7日間体験ができるので、英語学習に興味がある人はぜひ試してみてほしいです(ちなみに、解約もかんたんなので安心)。

全部で3つのコースがあるので、自分の目的にピッタリのコースをお選びください。

「英会話をやるのが怖い…」という人へ [PR]

ネットで交流

「英会話をやってみたいけど、怖くて始められない」という人は多いと思います。

僕も以前までは「英語の知識もないのに、英会話なんてとんでもない…」というタイプの人間でした。

しかし、思い切ってオンライン英会話にトライしてみたところ「思ったより話せるし、むしろスゴい楽しいじゃん…!」というのが第一印象でした。

そこから、僕はかれこれ4年以上もオンライン英会話でレッスンを楽しんでいます。

僕がメインで使っているのはDMM英会話で、レッスンの質も高いですし、教材も豊富です。

講師は初心者の人にも優しいので、安心してレッスンを受けられます(本当に良い講師ばかりで驚く)。

「英会話に興味がある」という人はDMM英会話から始めてみるのが良いと思います。

まずは2回分のレッスンが無料で受けられるので、お試しで体験してみるのがおすすめです。

スタディサプリENGLISH新日常英会話コース
bookbaum
タイトルとURLをコピーしました